水の品質にこだわる|AEDを設置するのが当たり前になった理由

AEDを設置するのが当たり前になった理由

水の品質にこだわる

水

不純物を除去

使用している水の品質は、飲食店や食品メーカーの評判に直接の影響を与えます。飲料水や湯茶のサービスはもちろん、調理に使う水にも十分に気を配ることが大切です。一口においしい水と言っても、調理方法によって最適な性質は異なります。業務用浄水器はプロの味覚をも満足させられる、高品質の水を提供できるため人気があります。殺菌用の残留塩素臭やカビ臭、水道管に付着したスケールなど、さまざまな原因で水の味は低下します。業務用浄水器はマイクロフィルターやイオン交換樹脂で微細な不純物を除去するとともに、活性炭などを利用して臭いの原因を取り除きます。スケールを除去することは、スチーマーなどの加熱機器を詰まらせないためにも役立ちます。

用途によって使い分ける

業務用浄水器には、機能やサイズの異なる多くの種類があります。ある程度のミネラル分が含まれた水は、飲料水には適していますが、料理の種類によっては軟水のほうが向いています。機種によってミネラル除去機能がついている場合も、ついていない場合もあるため、水の用途によって使い分けることが大切です。また水の使用量に応じて、適切なサイズを選ぶことが、コストの削減に繋がります。ほとんどの業務用浄水器は、定期的なフィルター交換が必要になります。フィルターの使用期間や部品のコスト、交換のしやすさにも注意してください。業務用浄水器は本体価格だけでなく、メンテナンス費用も含めてコストパフォーマンスを比較検討しましょう。