技術の進歩は速いです|AEDを設置するのが当たり前になった理由

AEDを設置するのが当たり前になった理由

技術の進歩は速いです

工事現場

工事現場で発生した残土処理というのは、ダンプトラックで残土を運搬して処理場で適切に処理するか、発注者か受注者が仮置き場を確保して、一時的にそこにストックしておくのが普通だったでしょう。最近は、各重機メーカーも様々な種類の機械を出していて、中には大量の建設発生土を静穏・省スペースで残土処理できるものもあるので、興味がある人は調べてみると良いです。もちろんリース料などはそれなりしますが、従来の残土処理と比べると工事の規模によっては、大幅なコストカットにつながる場合もあるので検討する価値は高いです。また、そのような機械を多くの現場で利用することで、業界全体にも広がっていき、さらにそのような重機が生産されて、利用しやすい環境にもつながるでしょう。

近年は、建設関係に携わる人の年齢が高齢化しているので、少しでも負担を減らすような手段が人気です。建設工事で大きな部分の一つが、山などの掘削による残土処理なので、その部分が省エネできるようになれば、コスト面でも労働力の面でも二重にメリットがあると言えるでしょう。そういう点から考えても、掘削から積み込み、残土の再利用などが一度にできるような機械は、今後の建設業界で非常に重要です。中には、掘削した土の土質が非常に悪くて、転用できないような場合でも、その重機に予め薬剤を入れておくことで、良質な土質に変えられる場合もあるので、近隣で同じような工事をたくさんする場合は、このような機械を利用するのは非常に有用でしょう。