AEDを設置するのが当たり前になった理由

高い性能を持つ破砕機

作業員

ガラパゴスは高い性能を持つ破砕機です。フルイ機とセットで使用すれば、粒目のそろった良質な資材を得ることが可能になります。山砂の採取、解体現場で発生したコンクリートがらの再資源化などの作業において威力を発揮します。

もっと見る

水の品質にこだわる

水

業務用浄水器はマイクロフィルターやイオン交換樹脂で不純物を除去し、おいしい水を提供する装置です。導入するときは水の用途や使用量に応じて機種を選ぶとともに、フィルター交換のコストにも注意することが大切です。

もっと見る

技術の進歩は速いです

工事現場

新たな重機を利用することで、残土処理も省エネでコストカットにつながる場合があるので、発注者も受注者も技術の進歩は知っておいた方が良いです。まだ普及していないような機械でも、非常に工事に有用なものはあるので、利用可能な現場では積極的に試してみると良いでしょう。

もっと見る

おすすめサイト

  • 何を基準に選べばいい?AED導入の手引き

    AED導入の手引を紹介しているサイトです。選び方などで困っている方は、積極的に利用するのがベストでしょう。利用はココ。

まだまだ不足している

AED

法改正がきっかけで普及

AEDはかつて医療従事者しか使用することができませんでした。しかし2004年から一般市民でも利用することができるようになっています。2002年にあった事故によりAEDの必要性が再認識されるようになり、わずか二年のタイミングで一般市民でも利用できるように法律が改正されたのです。その後AEDは日本全国の各地に設置されるようになり、行政などの一部では、強制的に義務化されるようになっている地区もあります。AEDは設置されるようになり、たくさんの命を救えるようになっているのです。しかしまだまだ普及率は高い訳ではありません。行政の支援などが少ないことと、設置するための機器の値段が効果であることなど負担になる可能性が高いからです。

購入価格がデメリット

普及するためには、機器の価格が安くなることが必要になります。しかし現段階では設置する側の企業にとってもコスト増加になるケースが多くなっているのです。多様年数は短いことに加えて、一定期間安全に稼働するために保守やメンテナンスが必要になるのです。これらの保守に関しても費用が掛かります。機器本体も購入すれば、数十万円の価格です。レンタルという方法もありますが、耐用年数を経過するまで使用するのであれば、購入したほうが安くなる計算となります。行政の支援金などが普及しない限りこれ以上のAEDの設置は難しいのも現状です。最低限人の多い地区では、設置するなどの工夫が必要になります。強制的に作用する法律や条例などが望まれるのです。